1. TOP
  2. クレジットカード
  3. ANA VISA プラチナ プレミアムカード新規入会キャンペーン最大53000マイルを特典で獲得4月

ANA VISA プラチナ プレミアムカード新規入会キャンペーン最大53000マイルを特典で獲得4月

ANAカードといっても数多くの種類が存在していますが、その中でも最高峰に名前を連ねるプラチナカード

 

「ANA VISAプラチナプレミアムカード」

 

ご紹介をしていきたいと思います。

 

プラチナカードと聞くと、ステイタスカードということで、格式が高いというイメージを持っちゃいますよね。

また年会費が高いというイメージもあると思います。

しかし、年会費に負けないぐらい数多くのメリットがあります。

せっかく、クレジットカードを作るのであれば、カードのメリット、デメリットをしっかりと、見極めて作った方がいいですね!

 

ANA VISAプラチナプレミアムカードの概要は下記の図をごらんください。

 

年会費 本人:86,400円(初年度年会費無料)
家族:4,320円(初年度年会費無料)
ボーナスマイル  入会・更新:10,000マイル
飛行機利用時: カード種類別積算率: 50%
付帯サービス 海外旅行傷害保険:一億円
国内航空傷害保険: 5,000万円
国内旅行傷害保険:一億円
クレジットポイントからマイルへ 15マイルコース:無料
※1,000円=1ポイント
 15マイルコース1P=15マイル

 

ANA VISAプラチナプレミアムカードのさらに、細かく解説は、下記にて説明をしています。

また、53,000マイルがもらえる最新のカ―ド発行キャンペーン(超お得です!)の紹介をしていきます。

 

また、カードを作ろうと決めている方は、こちらからでも一番お得なカード発行方法とキャンペーンの説明ページに移動できます。

 

目次

最新のANA  VISAプラチナキャンペーンは、53,000マイルが最大でもらえます。

ここでは、47,500マイルと書いてありますが、当サイトでお申し込みをすると53,000マイルが獲得できます。

 

いきなり53,000マイルといってもそれがどうなの?

という方もいるので、旅行できる範囲で言うと、

日本からヨーロッパ旅行が無料で行けてしまうマイル数ですね。

 

これはすごい…

 

価値で言うと、数十万円分ものマイルを獲得できるチャンスということです。

 

しかし、数十万円分のマイルを貰えるとなると、「条件が厳しいんじゃないか?」、と思いますよね?

 

先に答えを言うと、条件達成は一部を除いて、それほど難しくはありません!

では、ANA VISA プレミアムプラチナカードのキャンペーン概要を説明していきます。

 

ANAプラチナカード通常特典として新規ご入会で10,000マイルプレゼント!

 

まず、ANAプレミアムカードを新規で発行すると、

 

ANAプレミアムカード新規発行で10,000マイル 

 

10,000マイルは、東京⇔大阪間の往復分のマイル数です。

大体2万円分くらいの価値で、カードを申し込むだけでもらえます。

 

これだけでも、お得感がありますよね。

 

最大24,000マイル相当がもらえる!ANAカードリボ払いご利用キャンペーン

 

マイ・ぺいすリボ利用で最大24,000マイル 

 

入会月を含む6か月間の間に

 

10万円以上~50万円未満 50万円以上~100万円未満のリボ 100万円以上
500ポイント 1,000ポイント 1,500ポイント

※ポイントはVISAのワールドポイントで加算されます。

※ANAプレミアムは1ワールドポイント=15マイル交換できます。

 

利用金額10万円以上~50万円未満(含む消費税等)以上:ワールドプレゼント500ポイント

=マイルに交換すると7,500マイル相当

利用金額50万円以上~100万円未満(含む消費税等)以上:ワールドプレゼント1,000ポイント

=マイルに交換すると15,000マイル相当

利用金額100万円以上(含む消費税等)以上:ワールドプレゼント1,500ポイント

=マイルに交換すると22,500マイル相当

 

リボ払いに抵抗があり、キャンペーンを控えてしまう方に秘策です!

リボ払いに対して、抵抗を持たれている方も中にはいるはずです。

しかし、これだけのマイルを獲得できるとなると、ぜひ利用したいところです。

そこで、「毎月の支払額」を「クレジットカード利用上限額」に変更をしてください。

この方法を取ることで、通常の1回払いと同じ支払いになり、さらに「金利」も発生しません。

 

このキャンペーンで、6か月間で100万円を達成するのは、実際のところ難しいかもしれません。

しかし、6か月間で50万円であれば、普段の生活利用と、光熱費などの支払いをクレジットカードに切り替えるだけでも可能だと思います。

ぜひ、このキャンペーンで、マイル大量獲得をめざしてください。

 

家族カード入会キャンペーンで最大6,000マイルが獲得できる

ANAプレミアムプラチナカードに入会後、家族カードを発行すると、

 

ワールドプレゼント400ポイント=6,000マイル

が獲得できます。

 

ただし、こちらは1名分カードのカード発行と継続で、年4,000円(税抜)がかかるので、

東京⇒大阪 片道分の旅行券なので、1万円程の価値なので、必要あればカードを作る。

もしくは、マイルがもらえるので、1年間試しに発行して必要かどうか判断するのもいいかと思います。

 

ANA銀聯カード入会キャンペーンで9000マイルを獲得

日本国内では、知名度が低いですが、中国ではメジャーなカード「ANA銀聯カード」です。

※ギンレンカードと読みます。

 

ANA銀聯カード入会と利用で9,000マイル

※ワールドポイント600ポイントで加算されます。

 

新規入会で銀聯カードを発行し(発行無料)、入会月を合わせ6ヶ月以内で、5万円を利用すると条件達成になります!

利用できる店舗が、限られているという点があります。(※ビックカメラ、ミニストップなどで利用できます。)

 

ANA銀聯カード発行日 カードご利用期間・エントリー期間 ポイント付与時期(予定)
2017年12月1日~2018年2月28日 入会月含む6か月間 2018年10月10日(水)請求(お引き落し)分のご利用代金確定時(2018年9月下旬)
2018年3月1日~2019年5月31日 入会月含む6か月間 2019年1月10日(木)請求(お引き落し)分のご利用代金確定時(2018年12月下旬)

 

詳細、ご登録については、下記キャンペーンページをご覧ください。

 

 

※お申し込みの際は、下記のマイ友プログラムを利用すると、キャンペーンを最大限に利用できます。

 

 

これだけ、キャンペーンで獲得できるといっても、日常の生活でもメリットがないと、

カードを持っている意味がないと思います!

そこで、ANAプラチナカードのメリットとデメリットについて考えていきたいと思います。

 

ANA VISA プラチナ プレミアムカードを考える3つデメリットとは?

キャンペーンで、マイルの大量獲得が出来るといっても、カードのデメリットを知る必要があります。

自分の生活の利用で使えるカードでないと、やはりカードを持つ意味をなさないということがあります。

 

またデメリットを補えるクレジットカードもあるので、複数を活用することでクレジットカードを最大限に利用していくことが出来ます。

ana visaプラチナ プレミアムカード 年会費はいくら?

プラチナカードというと、一番気になるのが年会費ではないでしょうか?

プラチナカードといえば、ステータスカードともいわれており、年会費が普通のカードに比べて割高となっています。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードの場合、年会費は

80,000円+税

 

ん~やはりこの金額を見てしまうと、作るのに躊躇してしまうのもわかります…。

しかし、カードには、メリットの部分もあるらので、普段使いでメリットを上手に利用して、
デメリットを超える価値があればあ、カードを発行したほうがいいと思います。

同様に家族カードも年会費4,000円(税抜)なので、家族カード発行キャンペーンでマイルを獲得したら、
後は、家族の利用度によって、必要の有無を決めてもいいのではないかと思います。

 

飛行機搭乗時のボーナスマイルの積算率が脅威の50%

 

ANAカードでは、フライト利用をした場合に、ボーナスマイルが加算されます。

ANA一般カード 10%
ANAワイド・ワイドゴールドカード 25%
ANAプラチナカード 50%

一般的なANAカードに比べると5倍でワイドカード系に比べても2.5倍という積算率になります。

 

例えばですが、東京から「ロンドン」「ニューヨーク」で利用した場合、6,000マイル以上が加算されます。

これは、東京―大阪間の片道切符分のマイルが勝手に獲得できるというものです。

50%という、凄いレートではありますが、普段から飛行機を利用される方でないと、なかなかこのメリットを、

活用しきれないのではないかと思います。

また、特典航空券をメインで利用される場合には、このフライトボーナスは加算されないので、この部分も踏まえて、メリットとみるかデメリット見るか判断されるといいと思います。

 

ANA航空券の購入でもマイルが倍貯まる!?還元率も驚愕です!

 

ANA VISAプラチナプレミアムでは、ANAの航空券の購入やANAの機内販売を利用することで、
マイルが貯まるのですが、100円で2マイルが還元されて、2倍となっています。

 

こちらも、普段から空港や飛行機の利用が多い方ですと、メリットとして成立しますが、そうでない方ですと、

あまり意味があるとは言いづらいポイントかもしれません。

 

ANA VISA プラチナ プレミアムカードの5つのメリットがデメリットを上回る!?

年間8万円という維持費ですが、ANA VISAプラチナプレミアムカードには、この金額以上のメリットがあるのか?

せっかくプラチナカードを持つのであれば、ステータス以外にも、持つだけの理由がほしいですよね?

 

楽天Edyチャージを利用するだけでもマイルが貯まります。

楽天Edyを日常生活で利用される方には、特に朗報です。

ANA VISAプラチナで、楽天Edyをチャージをすると200円で1マイルがもらえ

しかし、それだけではありません。

さらに楽天Edyを利用してお買い物などで使用すると、200円で1マイルがもらえます。

チャージ+買い物利用で2重でマイルがもらえるという事が出来ます。

 

またANAカードの中でも楽天Edyのチャージ利用でマイルが貯まるのは、

・ANAプラチナプレミアム

・ANAダイナース

・ANA JCBワイドゴールドカード

他一部のみのカードなので普段、Edyを使っていない方は、ぜひ切り替えてみてもいいかと思います。

 

ANAカードマイルプラスで普段の買い物お食事でマイルを獲得を加速させていく!

私が、いちばん普段使いとしてお勧めするのがこのANAカードマイルプラスの機能です。

 

普段のショッピングであれば、1,000円で15マイルが還元されます。※記事後半で15マイルコースで解説しています。

 

しかし!

それだけではなく、特にセブンイレブン系列店やマツキヨなど誰もが利用するお店での買い物で、より大量のマイルを獲得する機能がついているんです。

 

それが…

ANAカードマイルプラス

普段の買い物のポイントとは別に加盟店の利用で、さらに追加ポイントがもらえるに入ってくる機能です。

※一部対象外店舗もあります。

セブンイレブンで1,000円分の買い物をした場合

・ANA VISAプラチナで決算⇒ 15マイル

※15マイルコース選択時

・ANAカードマイルプラス⇒ 5マイル(加盟店ボーナス)

 

合計20マイル

 

なんと1,000円の買い物で20マイルがもらえてしまう!?

 

年間を通じてカードを利用したら、めちゃくちゃマイルが貯まっていくという事です。

※ANAカードマイルプラス加盟店⇐店舗の確認が出来ます。

ANAカードマイルプラスの機能は、一般やゴールドのANAカードでも付属していますが、
プラチナカードでは、15マイルコースの機能が唯一ついているカードなので、マイルの貯まり方も段違いです。

 

ANAプラチナがもつ底力を特典として使おう!

プラチナカードを持つのであれば、生活に余裕をもち、なおかつ充実した時間を増やしていきたいと思いませんか?

ぜひ、プラチナだからこその特典を最大限に利用してみてください。

 

ANA VISAプラチナプレミアムカードで空港ラウンジとANAラウンジが利用できる

 

ゴールドカードを持っていると国内空港のラウンジが無料で利用できるのは、ご存知だと思います。

もちろん、ANA VISAプラチナプレミアムカードでも同じく無料で利用することが出来ます。

 

しかし、さらに素晴らしいのが、国内の「ANAラウンジ」もANAプラチナプレミアムを持っていると、
利用できるんです。※出発時に本人のみ

 

ANAラウンジは、一般的なラウンジよりも、利用者の数も少なく、軽食やドリンクなどを利用して快適な空間でゆったりと過ごす事が出来ます。

国内線ANAラウンジ

羽田 成田 仙台 新千歳
伊丹 小松 関西 名古屋
岡山 広島 松山 福岡
熊本 鹿児島 宮崎 那覇

※上記各空港のANAラウンジが利用することが出来ます。

他にも、陸マイナー修行の卒業証書「スーパーフライヤーズカード」でも入れますが、プラチナですと修行なしで、

利用することが可能になります。

 

海外旅行でのラウンジ利用「プライオリティパス」がもらえる

 

プライオリティパスは会員制の空港ラウンジで、世界中で120か国850か所以上あるラウンジです。

プライオリティパスの最上クラス(プレステージ会員)の年会費は4万円以上(399USドル)かかります。

 

しかしながら、ANA VISAプラチナプレミアムカードを保有している方ですと、無料で作ることが出来ます!

こちらでは食事、ドリンクからシャワーの利用まで設備されていますので、フライトまでの待ち時間をゆったりと過ごすことが出来ます。

 

このカードを無料発行できるかでも、年会費の半分が回収できるので、空港利用が多い方にはありがたいポイントです!

 

プラチナグルメクーポンで1名無料でお食事が出来る

これが、目玉だと私は思っているサービスです。

東京・大阪をはじめ全国で100店舗ある一流レストランなのですが、2名以上で利用することで1名分が無料になります。

例えば、2名で2万円のコースの食事をした場合に、4万円が掛かりますが、ANA VISプラチナプレミアムカードを持っている方ですと、2万円でお食事が出来ることになります。

ご家族や、ご夫婦、彼氏、彼女との思い出の1ページに記念として利用するには最高のサービスになるかと思います。

また、接待などビジネス利用でもお得に利用できるので、様々なシーンで活用することが出来るサービスです。

 

カードの継続マイルだけでも10,000マイルもらえます。

 

下が、各ANAカードでもらえるマイルになるのですが、ANA VISAのプラチナですと、”10,000マイル”が継続特典としてもらえてしまいます。

一般 ワイド ワイドゴールド プラチナ
年会費(税別) 2,000円 7,250円 14,000円 80,000円
家族カード 475円 975円 2,500円 4,000円
マイル還元率 1.58% 1.58% 1.72% 1.94%
継続ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 10,000マイル

これは、ローシーズンの東京―大阪間の往復航空券分のマイルになります。

この特典を含め様々な点で、他のカードを抜いています。

 

ANAマイルを貯めるには最高の15マイル交換コースが無料でついてくる!

Visaでは、「ワールドプレゼント」という、独自のポイント制度があります。

ワールドポイントが貯まると、いろいろな商品などと交換ができます。

 

そして、ANAマイルにも交換することが、可能です。

ワールドポイントをマイルに交換するには、各コースへの申し込みが必要です。

※1,000円=1ワールドポイント

カード種類 交換費用(年間) 1Pの交換マイル数
一般カード 無料 5マイル
一般カード 6,000円(税抜き) 10マイル
ゴールド 無料 10マイル
プラチナ 無料 15マイル

 

一般カードですと、1ワールドポイントで5マイルです。

しかしプラチナですと、15マイルと3倍マイルが貯まります。

しかも、無料で15マイルコースが選択が出来てしまいます。

 

仮に月10万円をカード決済すると、1年で、東京⇔沖縄の往復チケット分のマイルが余裕で手に入ってしまいます!

むしろ月10万円行かなくても行ってしまいますねw 本当にすごい!!

 

ポイントサイトとマイ友プログラムの比較

今現在、ポイントサイトでのANAプラチナプレミアムカードの案件がないので、

実質、マイ友プログラムを使った方法が一番、お得なキャンペーンと言えます。

 

ANAのプラチナカードが申し込める唯一のキャンペーン方法!

 

 

一番お得に申し込むことが出来るマイ友プログラムですが、現在キャンペーンを行っており、

ANA VISAプラチナプレミアムカードを、マイ友プログラムとANAのキャンペーンを一緒に利用することで、
最大53,000マイルがもらえてしまうんです!

 

ANA VISAプラチナプレミアムカードで最大53,000ポイントの大量ゲットする方法とは!?

 

 

まず、マイ友プログラムを利用することで、5,500マイルがもらえます!

 

そして、ANAのキャンペーンとの合わせて、

47,500+5,500=53,000マイル

という、凄まじいマイルが最大でもらえてしまうんです!!

このマイルだけでも、初年度の年会費を回収できてしまうので、ぜひこの機会を利用することをお勧めします。

 

マイ友プログラムからの申し込み方法詳細はコチラから

 

マイ友プログラムを利用することで最大限のマイルを獲得することが出来ますが、その順序について説明をしていきたいと思います。

順序を間違えるとマイルが反映されないことがあるので、しっかりと確認しながら入力してください!

 

1.ANA VISAプラチナプレミアムカードの前にマイ友プログラムのページに移動する。

お申し込みは下記ボタンをクリックしてください。

※ANAカードのページに飛びます

⇓    ⇓    ⇓

 

※上記のボタンをクリックすると「マイ友プログラムページ」に移動します。

マイ友プログラムページ内に下記の登録者ページボタンがありますので、こちらをクリックします。

 

2.紹介者の名前と紹介者番号を入力します。

紹介者氏名:カネコ カズヒト

紹介者番号:00009442

上記、氏名と番号を「紹介者情報」欄に入力して頂いた後、「申込者情報」にあなたの情報を入力してマイ友プログラムに登録してください。

 

 3. ANAカード一覧からANA VISAプレミアムカードを申し込みをします。

ANAカードというのは、いくつも存在しているんです。

中にはデザインが似たカードもあります。

「せっかく作ったのに間違えた~!」とならないようにしっかりとカード名の確認をしてください!

カード一覧から「ANA VISA プラチナプレミアムカード」を選択し、オレンジ色のお申し込みボタンを押して行けばOKです!

 

4.マイルを獲得する入会後のご利用方法

入会後、カードが届いたら、マイル獲得キャンペーン条件を満たせばOKです!

メンドクサイと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、もの一部を除きすごい簡単な条件でマイルがもらえるので、ぜひチャレンジしてください!

 

東京ー沖縄間がローシーズン(1名往復14000マイル)で3名様分が無料で利用できるほどのマイルですのでステップをしっかりとこなしていってみてください。

 

1.カード発行による入会で10,000マイル 獲得

2.リボ払いご利用で最大22,500マイル 獲得

※入会月から6か月間10万~50万円未満7500マイル 100万円未満15000マイル 100万円以上22500マイル

3.家族カードの入会で6,000マイル 獲得

4.ANA銀聯カード入会(ANAが提携する中国で利用できるカード)9,000マイル 獲得

 

この4ステップ+マイ友プログラムで最大53,000マイルが獲得できます。

 

リボ払いの金額に関しては、入会後6か月間ですので、光熱費や日々のお買い物でカードを利用すれば、最低10万をこえることが出来るかと思います。

 

またANA銀聯カード入会に関しては、カード年会費がありませんので、持っているのもよし!
カード発行後にマイルが追加された後に、使い道が見つからなければ解約でもいいかと思います。

 

まとめ

 

ANA VISAプラチナプレミアムカードは普段の買い物から旅行まで幅広くサポートしてくれるカードです。

このカード1枚あれば、だいたいのカードのサービスもカバーしてしまう1枚でもあります。

年会費が8万円(税抜き)ではありますが、それ以上に価値が高いカードなので、普段の生活で利用するには、
とても心強いカードになるはずです。。

この魅力的なサービスをたくさん持ったカードを持ってみるのはいかがでしょう?

※こちらからもANA VISAプラチナプレミアムの詳細ページに移動できます。

 

また、プラチナカードでなくとも、普段使いでお使いいただけるのが、ANA VISA Suicaカードです。

めちゃくちゃ使えるカードですので、ぜひ参考にしてみてください!

最大22500マイル ANA VISA Suicaカード新規入会キャンペーン ポイントサイトは?4月

\ SNSでシェアしよう! /

マイルの匠ちゃんの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルの匠ちゃんの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ソラチカカード新規入会キャンペーン4月!公式サイトより得するポイントサイトはないの?

  • ANAマイルの価値はいくら?1マイルは何円に相当するのか!?

  • 楽天プレミアムカード新規入会キャンペーン【2018年4月最新】お得なポイントラウンジ利用を紹介

  • アメックスゴールド入会特典で初年度年会費無料と10,000マイル!新規キャンペーン!【4月最新】

  • 最大22500マイル ANA VISA Suicaカード新規入会キャンペーン ポイントサイトは?4月

  • ANAマイルを買う!?足りない時にはバイマイル!秘密の購入方法3選