1. TOP
  2. JCB
  3. ANA JCB ワイドカードは新規入会キャンペーンでポイントサイトよりお得な2万マイル獲得11月

ANA JCB ワイドカードは新規入会キャンペーンでポイントサイトよりお得な2万マイル獲得11月

 2018/07/20 JCB クレジットカード  

 

カズです。今回はポイントサイトを使ってマイルを貯める為に必須の『ANA JCB ワイドカード』を紹介したいと思います。

 

お得にカードを作る方法はコチラ!

今なら当サイト限定のキャンペーンで合計20,200マイルがもらえます。

20,200マイルを獲得する方法はコチラ

 

 

絶対カードを作るべきオススメな理由!

 年会費以上の付帯サービスは充実させたい

 普段の生活でも利用してマイルをがっつり貯めたい

 仕事や出張など飛行機の利用回数が多い

 

この、ANA JCB ワイドカードは、ANAカードの部類の中では、影が薄く、どのようなカードなのか知らない方も多いカードです。(汗)

しかしどうせ、カードを作るのであれば、お得に利用できるカードを作りたいという方が、ほとんどのはずです!

 

今回は、ANA JCBワイドカードに興味を持たれた方に、どのようなカードなのか説明をしていきたいと思います。

 

イチゴ
ANA JCB ワイドカードってどんなカードなの?作るメリットってどういうものがあるの?
クロ
ANAのワイドカードはあまり知られていないけど魅力がたくさんあるカードなんだ!

 

Contents

ANA JCB ワイドカードのおすすめな理由と特徴は?

 

ANA JCB ワイドカードの細かい説明をしていく前に、どのようなカードなのか?

簡単に説明をしてみたいと思います。

 

提携ブランド JCB
年会費 7,250円(税抜) 初年度年会費無料
家族カード 1,500円(税抜)
ETCカード  無料
電子マネー機能 Edy
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 なし
ショッピング保険 年間最高100万円
その他の保険 最高5,000万円※国内航空傷害保険
空港ラウンジ利用 なし

 

詳しくはコチラ カードをお得に作る方法はコチラ
 

 

年会費は年間7,250円(税別)という事で、金額的には、安くはないですが、そこまで高くもないと言ったところです。

 

付帯サービスについては、『傷害保険』『ショッピング保険』など、ゴールドカードやプラチナカードと比べると劣りますが、充実した内容の保障が用意されています。

 

マイルを貯めるという点では、10マイルコース※年間手数料6,000円(税抜き)5マイルコース(年会費無料)というコースが設けられていて利用することで獲得できるマイル数が大幅に増えます。

・10マイルコース 1,000円=10マイル
・5マイルコース 1,000円=5マイル

 

また飛行機を利用すればするほど、マイルがどんどん還元されるという特徴があります。

 

ANA JCB ワイドカードを利用するメリットとデメリット

ANA JCBワイドカードは、一般のANAカードとはどのような違いがあるのか?

 

あまり知られていない、このカードの魅力についても一緒に説明をしていきたいと思います。

 

内容の説明に関しては、わかりやすくANA一般カードと比較をして説明をしていきたいと思います。

 

ANA JCB ワイドカードは年会費7,250円・家族カード1,500円で初年度年会費無料

 

ANA JCBワイドカードは、年会費が、7,250円(税抜)と、一般のANAカード2000円に比べると割と、3倍以上の年会費がかかります。

 

また、家族カードの発行が可能になっており、こちらは1500円(税抜)となっています。

さらに、ETCカードも作成する事も可能で、ETCカードは無料で作ることが出来ます。

 

この金額だけで判断をすると、一見ただ付帯サービスが少々よくなっただけのカードと思うかもしれません。

 

ANA JCB ワイドカードは毎年カード更新をするたび2,000マイルがボーナスマイルとしてもらえる

 

2,000マイルと言うと、5マイルコースの設定で40万円以上分…10マイルコースでも20万円分の決済分になります。

 

単純に、金額で考えると、新規入会や、カード更新するだけでも、年会費のもとは回収できてしまいます。

しかし…2,000マイルを獲得するのであれば、ANAの『ANA VISA Suica』『ソラチカカード』の2枚を作れば年会費4,000円で、2,000マイルのボーナスがもらえてしまいます。

このボーナスマイルだけでカード発行を考えるのは、まだ早いかもしれません。

 

ANA JCBワイドカードはフライトボーナスが25%と一般ANAカード10%と比較して充実

 

ANA JCBワイドカードの魅力はフライトボーナスの%の違いです。

航空券を購入して、飛行機を利用すると、マイルが加算されます。

 

一般のANAカードであれば、加算されるマイルは10%となっています。

しかし、JCBワイドカードを利用すると、加算されるフライトボーナスは25%となります。

15%の違いというのは、とても大きな違いになるのではないでしょうか?

 

「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%」

 

飛行機利用が多い方には、とっても嬉しいサービスになっています。

また、後ほど説明しますが、5マイルコースや10マイルコースを利用することで、マイルも貯まりやすくなっています。

 

ANA JCBワイドカードは、付帯サービスも充実で海外旅行・国内旅行も安心

 

付帯サービスに関しても、一般のANAカードよりも充実しています。

旅行時に起こってしまったトラブル。

予想だに出来ない事なので、なかなか対応に困ることも…

 

またケガや病気、保険の適用によっては、ものすごい金額の負担がのしかかって来るかもしれません。

そこで重要なのが、カード付帯保険です。

 

ANA ワイドカードでは、国内・海外旅行保険が最高5,000万円にグレードアップしています。

一般カードでの適応額は最高1,000万円の補償になっています。

一般カードでも、十分だと感じるかもしれませんが、外国では保険が適応されず、高額な医療費が請求されることも少なくありません。

 

また、急に深刻な病気に合うこともあり得ます。

ワイドカードの補償額であれば、いざという時の安心感も違います。

 

ANA JCB ワイドカードは国際線ビジネスクラス専用チェックインが利用できるので、ストレスフリーで混雑知らず

 

国際線ビジネスクラス専用チェックインが利用できるというのが、

ANA国際線エコノミークラス利用時、ビジネスクラスカウンターの利用が出来ます。

普段、飛行機を利用すると利用する飛行機の時間次第で、荷物を預け時、混雑が発生してなかなか進めないという事があります。

飛行機のフライト時間が気になってしまって、ついイライラ、ストレスが溜まってしまうことも少なくないと思います。

 

このANA JCBワイドカードでは、本来、一般の荷物預け口とは別で、『ビジネスクラスチェックイン』を利用することが出来るので、お土産を選ぶ時間や、空港で余裕をもって過ごす事が出来ます。

 

ANA JCB ワイドカードはIHG・ANA・ホテルズグループジャパン朝食無料&ウェルカムドリンクサービス

 

 

ホテルなど、決まった場所になってしまうのですが、ANAホテルグループで、ANAワイドカードを利用すると、『朝食無料・ウェルカムドリンク』が標準でついてきます。

旅行先では、朝食をためらってしまうという人もいらっしゃいますが、ワイドカードなら、安心して利用することが出来ます。

 

IHG・ANA・ホテルズグループジャパン一覧です。

 

インターコンチネンタル
ANAインターコンチネンタルホテル東京 ザ・ホテリエ・グループ赤坂株式会社
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 株式会社ベストグローバル
インターコンチネンタル東京ベイ 株式会社ホスピタリティ・ネットワーク
ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル 株式会社 横浜 グランドインターコンチネンタルホテル
インターコンチネンタルホテル大阪 IHG Japan Osaka 合同会社
ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート ザ・ホテリエ・グループ万座株式会社
ANAインターコンチネンタル石垣リゾート ザ・ホテリエ・グループ石垣株式会社
ANAクラウンプラザホテル
ANAクラウンプラザホテル札幌 株式会社札幌ホテルマネジメント
ANAクラウンプラザホテル稚内 株式会社稚内観光開発
ANAクラウンプラザホテル千歳 GHS株式会社
ANAクラウンプラザホテル釧路 GHS株式会社
ANAクラウンプラザホテル新潟 株式会社ホテル新潟
ANAクラウンプラザホテル富山 株式会社ホライズン・ホテルズ
ANAクラウンプラザホテル金沢 株式会社ホライズン・ホテルズ
ANAクラウンプラザホテル成田 CP成田株式会社
ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋 株式会社ホテルグランコート名古屋
ANAクラウンプラザホテル京都 裕進観光株式会社
ANAクラウンプラザホテル大阪 GHS株式会社
ANAクラウンプラザホテル神戸 株式会社新神戸ホールディング
ANAクラウンプラザホテル岡山 株式会社レイ
ANAクラウンプラザホテル広島 株式会社ホライズン・ホテルズ
ANAクラウンプラザホテル宇部 株式会社ユービーイーホテルズ
ANAクラウンプラザホテル米子 株式会社ホテルマネージメント米子
ANAクラウンプラザホテル福岡 株式会社ホライズン・ホテルズ
ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル 株式会社サボイシステム
ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ 株式会社ニュースカイホテル
ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー ザ・ホテリエ・グループ那覇株式会社
ホリデイ・イン
ANAホリデイ・イン仙台 株式会社福田商会
ANAホリデイ・イン金沢スカイ 株式会社金沢スカイホテル
ANAホリデイ・イン札幌すすきの 株式会社タスク
ANAホリデイ・イン大阪難波 オーダブリュー・ホテル・オペレーションズ株式会社
ホリデイ・イン リゾート
ANAホリデイ・イン リゾート宮崎 青島リゾート株式会社
ANAホテルズ
松山全日空ホテル 松山総合開発株式会社

日本国内に、たくさんあるので、食事にも定評があるホテルばかりなので、ぜひ利用してもらいたいと思います。

 

ANA JCB ワイドカードは5マイルコースや10マイルコースは、獲得マイルが貯まり加速する!

 

ソラチカカードでは、普段使いのカードとしても優秀な一面を持っています。

それが、マイルコースの選択です。

 

5マイルコース 10マイルコース
1000円で貯まるマイル 5マイル 10マイル
マイルコース年会費 無料 5000円(税抜)

※実際は、『1,000円→1OkiDokiポイント→マイルコース』という風に切り替わります。

 

5マイルコースは、年間無料で設定できますが、1000円で5マイルの獲得になります。

10マイルコースでは、年間5,000円がかかりますが、1,000円で10マイルとなります。

 

ANA VISAカードでも同様のマイルコース選択がありますが、こちらは年間6,000円(税抜き)となっていて、ソラチカカードのほうが1,000円お得に利用できます。

 

また、マイルコースの有効期間は、4月1日~翌年3月31日までの365日間になります。

もしも仮に、3月30日にマイルコースを変更が完了したとすると、3月31日までの2日しか有効期間がありません。

 

これだと、せっかく5,000円支払ってマイルコースを変更しても、お金がもったいないので、出来るだけ期間に余裕もってコース変更することをお勧めします。

 

また、電子マネー「楽天Edy」を支払いに使った時も、200円ごとに1~2マイルが貯まります。

この場合はOki Dokiポイントでの加算ではなく、ANAマイルが直接付与されます

ANA JCB ワイドカードはANAカードマイルプラスの機能で加盟店で買い物をするとさらいにマイルが貯まる

 

ソラチカカードには、さらにマイルが貯まる機能『ANAカードマイルプラス』という機能がついています。

 

どのような機能かと言うと、下記の図で説明をします。

 

『ANAカードマイルプラス加盟店』で10マイルコースで10,000円の買い物をしました。

獲得できたのは、10マイルコースなので100マイルです。

 

しかし加盟店で買い物をしたので、ここでANAカードマイルプラスの機能が発動されます。

カードマイルプラス特典として『100円で1マイル』が加算され10,000円の買い物なので100マイルが別に獲得できました。

※加盟店によって『100円=1マイル』『200円=1マイル』などレートが異なります。

 

つまり1万円買い物しただけで…

 

『10マイルコースで100マイル』+『加盟店ボーナス 100マイル』

 

合計200マイルが獲得できます!

 

この機能があるため、普段の買い物は、ほとんどが加盟店で済ませています。

身近に、加盟店がある方には、とってもお得になる機能です。

 

たかが100マイルと言っても、1か月…1年と使い続けると、膨大なマイルが獲得できるので無視できないです。

加盟店の数はたくさんあるので、身近に加盟店があるか、チェックしてみてください。

 

>>>加盟店一覧はコチラから<<<

 

ANA JCBワイドカードとANA一般カードの優待サービスの違い比較

 

さまざま特徴を伝えてきましたが、まだまだ特徴があります。

違いについて表にまとめてみましたので、参考にしてください。

 

優待&割引 一般カード ワイドカード
ビジネスクラス専用チェックイン ×
IHG・ANA・ホテルズグループjapan朝食無料&ウェルカムドリンクサービス ×
成田空港でパーキング利用の割引
IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス
ANAカード会員専用運賃「プレミアムビジネスきっぷ」
空港内免税店「ANA DUTY FREE SHOP」割引 5%OFF 10%OFF
空港内店舗「ANA FESTA」割引 10%OFF
国内線・国際線の機内販売割引 10%OFF
ANAショッピング A-style 割引 5%OFF
ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアース割引販売 5%OFF
ANAビジネスソリューション公開講座 受講料割引 15%OFF
ニッポンレンタカー・トヨタレンタカー・オリックスレンタカー 5%割引
ハーツレンタカー 5~20%割引
シダックス法人・団体会員サービス ドリンク人数分無料・ルーム料30%引

 

ANA JCBワイドカードを作ってみて使った評判と感想

 

ANA JCBワイドカードは、一般のカードに比べて、ボーナスマイル、継続マイルが多かったので、選んだって人がいます。

また、ビジネスクラス専用カウンターを利用できるので、混雑知らずというのがうれしいポイントです。

 

また、年会費が7,250円(税抜)ではありますが、ゴールドカードに比べて年会費は、半分程度まで抑えられ、EdyやiDの電子マネーが利用できてさらにマイルが貯まるというのが大きなメリットです。

 

イチゴ
一般のANAカードよりもサービス面が強化されているのね!
クロ
そうだね!ワイドカードは飛行機を利用すればするほどお得になるカードなんだ!

 

 

ANA JCB ワイドカードの新規入会キャンペーンは当サイトから!

 

イチゴ
普段から、飛行機を利用する機会が多いからこのカードを作りたい!何か得して作れる申し込みキャンペーンはないの?
クロ
それならイチゴちゃんにピッタリだ!お得な申し込みキャンペーン方法を説明するね。

ANA JCB ワイドカードはどこから申し込むとお得になるのか?

 

当サイトを利用してお申し込みをしていただくと、通常入会時にもらえる「2,000マイル」以外に「500マイル」がもらえます

 

このボーナスマイルは、当サイトを利用してカードを発行した場合の特典として獲得できます。

 

ANA JCB ワイドカードを本サイトから申し込むことで500マイルのボーナスマイルがもらえます。

 

新規入会キャンペーンにプラスで本サイトを利用してソラチカカードを申し込むと、500マイルのボーナスマイルがもらえます。

 

ANAが主催、開催している「マイ友プログラム」の特典キャンペーンを利用します。

 

 

ソラチカカードはANAカード一般に属するので、マイ友プログラムで500マイルが獲得ができるので、

 

合計2,500マイル

 

がボーナスマイルとして獲得できます!

 

2500マイルと言うと…5マイルルートで45万円分カードを利用して獲得出来るマイルです。

これがカードを発行するだけでもらえちゃいます!

 

注意! カードを申し込む際に「マイ友プログラム」に登録をしてから「ANA JCBワイドカード」の申し込みをしてください。順番を間違えた場合、ボーナスマイルが獲得できなくなります!

 

今限定ボーナスマイルが最大19,200マイルがもらえるANA JCBワイドカード申し込み方法2STEP

 

「ポイントやマイルがもらえて得だけど、申し込みの手順がだるい…」そんな方もいると思います。

 

しかし、ANA JCBワイドカードを発行するには、たった2ステップだけでOKなんです!

 

たった1マイル足りないだけでも、航空券を取ることはできません!

 

「あと1マイルあれば…」そんな後悔をしないように、しっかりと獲得出来るマイルは獲得しましょう。

 

カード発行は、2つの手順だけ!たった10分で申し込みが完了です。

※マイ友プログラム登録後、キャンペーンページから申し込むので、STEP2(公式ページ申し込み)は飛ばして下さい。

 

現在

『マイ友500マイル』+『新規入会2,000マイル』


『WEB明細「MyJチェック」登録1,200マイル』+『JCBキャンペーン16,500マイル』

 

合計20,200マイルもらえます。

 

20,200マイル…これだけあれば、海外旅行も可能になっちゃうマイル数です!

 

STEP1.ANA JCBワイドカードのページより先にマイ友プログラムのページに移動

 

ANA JCBワイドカードを申し込みんで、「500マイル」をもらうため、「マイ友プログラム」に登録します。

 

 

紹介者の名前と紹介者番号を入力する

紹介者情報を入力する項目が表示されます。

下記の通り、入力します。

紹介者氏名: カネコ カズヒト

紹介番号 : 00009442

 

 

※入力を誤ると、ボーナスマイルがもらえないので、打ち間違えに注意してください。

不安な方は「コピー/貼り付け」を使用してください。

 

申込者情報に自分の名前・生年月日を入力

紹介者情報の下に、『申込者情報』欄があるので、自分の【名前】【生年月日】を入力し、次へを押します。

 

 

 

最後に登録ボタンを押して、登録完了画面に切り替わります。

登録完了画面の、左下の『ANAカードご入会の方はこちら』を押して『ANA JCB ワイドカード』を一覧から選択します。

今回は、ANA JCBキャンペーンページからの申し込みになるので、マイ友プログラムは登録のみにしてください!

 

STEP2.JCBキャンペーンページでANA JCBワイドカードを申し込みしてマイル大量獲得

 

さらに、現在、JCBでは、キャンペーンを実施しています。

今だけの特別キャンペーンなので、ぜひ申し込みをするようにしてください。

 

キャンペーンの概要について

・マイ友プログラム ボーナスマイル :500マイル(STEP1でクリア済み)
・新規入会 ボーナスマイル :2,000マイル(STEP2でクリア済み)

 

・WEB明細サービス「MyJチェック」登録 :1,200マイル相当※400 Oki Dokiポイント

 

・利用金額によってマイルが獲得できます。

①30万円(税込)以上利用の場合3,000マイル ※1,000 Oki Dokiポイント

②60万円(税込)以上利用の場合16,500マイル相当 ※5,500 Oki Dokiポイント

 

 

 

2STEPで

 

『マイ友500マイル』+『新規入会1,000マイル』


『WEB明細「MyJチェック」登録1,200マイル』+『JCBキャンペーン16,500マイル』

 

合計20,200マイルもらえます。

 

⇓キャンペーンの概要とご登録はこちらから⇓

 

 

イチゴ
すっごい簡単に登録できた! この20200マイルで沖縄を楽しんじゃお♪
クロ
今回の限定キャンペーンでたくさんマイルが手に入ったね!旅行を楽しんじゃおう!

 

カードをお得に作る2STEPはコチラ
 

ANA JCB ワイドカードのおすすめな理由のまとめ

 

マイレージが貯まるANAカードは良いカードだと思います。

あまり、飛行機の利用をしないという方には、『ソラチカカード』を使ってマイルを貯める方が得策かもしれません。

しかし、飛行機を頻繁に利用する方には、とっても相性がいいクレジットカードだと思います。

 

毎年ANAの飛行機を積極的に活用されるのであれば、+25%の搭乗ボーナスマイルはとても心強いマイルを貯める方法になるはずです。

初年度は、年会費が無料という事もあるので、使ってみて相性を知るのも有りだと思います。

 

あまり飛行機を利用しないと思った方は下記のソラチカカードがオススメです!

ソラチカカード新規入会キャンペーン!10月は公式サイトより得するポイントサイト経由で特典獲得

\ SNSでシェアしよう! /

マイルの匠の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルの匠の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ソラチカカード新規入会キャンペーン!11月は公式サイトより得するポイントサイト経由で特典獲得

  • 楽天プレミアムカード新規入会キャンペーン!2018年11月最新のお得な紹介はポイントサイトはある?

  • ANA VISAプラチナプレミアムカードの得する最大新規入会キャンペーンポイントサイトを比較

  • ANA VISA nimocaカード新規入会キャンペーン特典はポイントサイトでさらにお得?11月版

  • ANA VISAワイドゴールドカードはポイントサイト?お得な新規入会キャンペーンを比較11月

  • ANA VISA Suicaカード新規入会キャンペーン特典はポイントサイトよりお得?11月版