1. TOP
  2. ANAマイル
  3. 【ANAマイルの価値はいくら?】1マイル何円?マイルの使い方と交換方法の説明

【ANAマイルの価値はいくら?】1マイル何円?マイルの使い方と交換方法の説明

マイルというと、『特典航空券』に交換することで、国内や海外旅行に利用する考えの方が多いと思います。

しかし『ANAマイルの価値』と『ANAマイルの使い方』は数多くあり、1マイルも何円にもなることもあります。

より旅行や生活を楽しくお得に過ごす事も可能にすることができる数多くのマイルの利用方法について説明をしていきます。

 

ANAマイルの価値とは?マイレージ・マイル?飛行機以外の貯め方と利用方法マイル基礎を解説

 

私は、今でこそマイルの知識がありますが、以前はマイルと言えば、飛行機に乗る以外に貯める方法はないと思い、自分には無縁のものだと思っていました。(詳しくはプロフに書いてますw)

マイルが貯まるカードを空港で作ってどれぐらい放置していたことでしょうか…。

今思い出すと、とってももったいない使い方をしていたと思います・・・。

 

マイルの価値を知るために「マイレージ」とは?

マイレージとは、簡単に言うと、ポイント制度やポイントカードのようなものです。

マイレージと呼んでいますが、正しくは「マイレージプログラム」という名称になります。

例えると

  • Tsutayaなど⇒Tカード
  • セブン&アイ⇒nanaco
  • ローソン⇒Ponta

上記のように、各社がそれぞれ、自分の会社で買い物や利用をしてもらうために作ったポイント制度の事です。

マイレージというのは、『航空会社のポイントカード』という事です。

ポイントを貯めることで、航空券に変えることや、さまざまな物や、サービスとして利用が出来ます。

 

マイルの価値を知るために「マイル」とは?

続いてが、マイルについてですが、これは、ポイントの名前です。

どのポイント制度でも、一定額の買い物をすると『1ポイント』が貯まります。

このポイントの事です。

上記のマイレージを例に例えると

  • Tsutayaなど⇒Tポイント
  • セブン&アイ⇒nanacoポイント
  • ローソン⇒Pontaポイント

上記のようになります。

では、マイルと言うのは『1ポイント』ですが、『1マイル』という呼称になります。

これ自体は、そんなに深堀りすることもないのでこの辺で終了します。w

 

ANAマイルの価値で陸マイラーはマイル貯めるクレジットカードを選び旅行をする!どの使い方がお得?

 

陸マイラーは、マイルを貯めて無料航空券をゲットする人です。(私もその一人です。)
そのためには、ポイントサイトを利用したり、マイル高還元なクレジットカードを選んで利用したりします。
人によっては、Tポイントや楽天など、よりポイントをたくさん集める方法を模索して利用されて、他のポイントをマイル交換する人もいます。

しかしなぜここまでして『マイル』を貯めるのか?

本当にANAカードを利用してマイルを貯めるのが正しいのか?

 

例えば買い物であれば、「イオン系列」や「セブン&アイ系列」クレジットカードがあれば十分だと思います。

これらのカードは、『買い物時の現金代わり』として利用できるというメリットがあります。

 

陸マイラーがマイルを貯めるのは、『マイルの価値』が高いという理由です。
ポイントカードの還元率は大体が『100円=1ポイント』が多いと思います。つまり1%還元ですね。

では続いて、ANAマイレージ系クレジットカードの還元率は、『100円で1ポイント(マイル)』大体がこのようになっています。

 

これだけで考えるとANAマイルも還元率も、1%還元で同じです。
しかしANAマイルの場合、マイルの価値が『1マイル=1円』でなくなることが多々あります。
これは使い方にもよるのですが、航空券の利用方法で『1マイル=3~5円』の価値は普通によくあります。

またビジネスクラスやファーストクラス航空券として使った場合『1マイル=13~16円』まで跳ね上がります。

 

これが普通のポイントサイトと大きな違いになります。

 

ANAマイルやJALマイル他にも、多くの航空会社のマイレージプログラムがあり、マイルを貯め方を理解すると、とてもお得な使い方が出来ます。
ここからは航空券をはじめ、たくさんあるANAマイルの使い方について説明をしていきます。

ANAマイルの価値を知るため、どんな使い方があるのか利用方法を説明

 

ANAの公式サイトによると、ANAマイルの使い方や利用方法はたくさんあります。

多岐に渡るから、マイルの使い方はややこしいのですが、多岐に渡るからこそ色々調べるとお得なマイルの使い方というものが存在します。

どんなマイルの使い方なら、マイルの価値がどれくらいになるのか代表的な使い方をみてみましょう。

 

 

マイルの使い方の多さもあり、少々画像だけでは理解が難しいので、書き出していきたいと思います。
一部使い方をまとめている物もありますが、基本的にANAマイルの使い方は、下記一覧を見てもらえれば良いと思います。

 

ANA国内線特典航空券

マイルを貯めて、国内航空券に交換することが出来ます。

貯めたマイル数によって、行ける先も決まります。

 

ANA国際線特典航空券

マイルを貯めて、海外行きの航空券に交換することが出来ます。

マイルにより、「ファーストクラス・ビジネス・エコノミー」の選択が可能です。

また、旅行先の幅もマイル数次第で広がっていきます。

 

ANA国際線アップグレード特典

国際線利用時に、座席のグレードをアップさせることが出来ます。

クラスによって必要マイル数が異なり、片道から利用が可能です。

 

提携航空会社特典航空券

ANAも加盟しているスターアライアンスの航空会社を利用することも可能です。

加盟する航空会社は数が多く世界中を旅するのに役立ちます。

※詳しくは公式の加盟航空会社ページを参考にしてください。

 

ANAマイル→ANA SKYコイン

ANAマイルをANA SKYコインに交換することが出来ます。

スカイコインは、航空券を購入する際に、利用することができ、現金やクレジットと併用して利用することが出来ます。

※使用期限が1年となっているので、計画を立てて利用してください。

 

提携ポイントへの交換

Suicaや楽天Edy、楽天ポイント、nanaco、Tポイントなど、今や生活で当たり前になったキャッシュレス決済、電子マネーと交換することが出来ます。

基本的に、1マイル=1円相当のポイントと交換することができます。

 

ANA国際線超過手荷物料金お支払い

ANA国際線の超過手荷物料金について、ANAのマイルでお支払いできます。

ANA運航便かつANA便名で予約されている場合のみ対象になります。

 

ANAビジネスジェットご利用クーポン

100,000マイルで、ANAビジネスジェットが手配するチャーター便にご利用できる100,000円分(1枚)のご利用クーポン(eギフトカード)に交換できます。

時間短縮で自分の思い通りに行動するしたいという場合には良いかと思います。

 

スターアライアンスアップグレード特典

ANAの加盟するスターアライアンスの航空会社を利用したい際に、関野アップグレードをすることが出来ます。

※対象となる航空会社が決まっています。

 

ANAグローバルセレクション

電化製品・旅行・レジャー・健康美容・ファッションアクセサリー・ライフスタイル・ゲーム本・音楽

などなど、数多くの商品をANAマイルで交換することが出来ます。

 

ANAショッピングA-style

1マイル=1円から利用でき、オリジナル製品から旅行グッズ、生活、ファッションなど数多くの商品を購入することが出来ます。

こちらは現金でも購入することができます。

 

ANAセレクション特典

ANAの紹介するグルメや飲料品、雑貨・家電や旅行や普段使いできるバッグやキャリーを販売しており、現金やANAマイルを使って購入することが出来ます。

ANAオリジナルのグッズも用意されています。

私、個人ではプレゼントを贈る際に、利用させてもらうことがあります。

 

WA+YO SHOP

和を用いたグッズの販売をしています。

すごいものだと、人間国宝の方の作品もあります。

おしゃれなラインナップが多いので、みているだけでもかなり楽しめます。

 

ANAマイレージモール1000マイルクーポン

ANAの提携しているお店のクーポン券に交換することが出来ます。

少々、お店が少ないのがデメリットです。

 

ANAグローバルホテル

世界中の30万軒ものホテルをオン来予約することができ、なおかつマイルも貯めることができます。

 

ANAご利用券

ANAご利用券は、航空券をはじめご宿泊や機内販売商品などのお支払いにご利用になれます。
10,000マイルで10,000円分に交換できます。

 

空港アクセス

ANAの提携する会社のクーポン券と交換することが出来ます。

対象が少ないので限られますが、「成田セントラル観光駐車場クーポン」「タクシーハイヤークーポン(羽田・成田の空港送迎)」「成田と東京23区内のエアポートリムジンパス利用乗車件(回数券)」

 

空港施設

ANA提携の空港施設クーポンと交換・・・現状、交換先が1件しかないので今後期待ですが、ペットをお連れの方にはうれしいクーポンです。

「名根太空港ペットホテル 利用クーポン」

 

ご宿泊クーポン特典

ANAの提携するホテル宿泊時に使えるクーポンと交換することが出来ます。

高級ホテルも数多くありますので、ポイントを使って利用するのもよいかもしれませんね。

詳しくは公式ページを参考にしてください。

 

レストラン(クーポン)

貯まったマイルを使って、ラグジュアリーホテルでの食事クーポンと交換することができます。

1名での利用のものから2名、3名で利用できるものもあり、家族の記念日など活躍の幅が広いので利用できます。

 

ANAカード会員限定特典

ANAの開催するイベントに特別参加ができます。

私は、子供をつれてANAの飛行機倉庫や離着陸を目の前で見ることができたり、普段体験できないようなイベントが数多くあるので、利用してみると面白いと思います。

 

レンタカーご利用クーポン

マイルを「日本レンタカー」のクーポンに利用することができます。

私は、このサービスを利用することがあります。

申し込み後、1週間~2週間程度でクーポンが届くので、早めに申し込みをしたほうが良いです。

 

 

 

レンタカーを探す(ANAグローバルレンタカー)

日本のみならず世界中でレンタカーを予約するのに利用することができます。

ANA提携の会社があるので、旅行やお仕事など出かけの際に利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

暮らし(ファイナンシャルプランナー相談)

100マイルで下記の相談窓口においてファイナンシャルプランナーもしくは、社会保険労務士・税理士に貯蓄・年金・確定拠出年金・相続・保険・投資・運用・税金・住宅資金・保険の見直し・家計の見直し等お金に関する個別相談(90分間)を行うことができるクーポンに交換いただけます。

 

 

相談窓口は、東京横浜名古屋大阪です。
【営業時間】
東京・横浜・名古屋・大阪 共通
10:00~20:00(月~金) 10:00~18:00(土・日・祝)
※初回の相談についてはファイナンシャルプランナーが担当いたします。
※債務整理、自己破産および訴訟問題等の法律相談は対象外になります。

(公式ページより転記)

 

美容・健康

提携会社で使えるクーポン券と交換することができます。

 

 

アクティビティ・エンターテイメント

提携パートナーで使える各種クーポン券(チケット)に交換できます。

「キッザニア」「乗馬クラブクレイン」「沖縄美ら海水族館」「SKY TREKチャーター」「映画GIFT」

と交換可能です。

 

寄付・支援

マイルを使って、世界中へ寄付・支援をすることができます。

 

これら数多くの使い方の中から、ANAマイルの価値を最大に利用できるサービスと、知っておいた方が良い情報を説明していきたいと思います。

 

ANAマイルおすすめ使い方『提携ポイントへの交換』をしてANAマイルと同等の価値を得る!

公式ページより一部抜粋

 

ANAマイルは、他のポイントサービスと同じように電子マネーや他のポイントに交換することも可能です。

 

上記画像では「Tポイント」「楽天スーパーポイント」「nanaco」といった普段使いが多いポイントに交換することも可能です。

他にも、「楽天Edy」「iD」「メトロポイント」「Suicaポイント」にも交換可能です。

 

またポイント以外だと「スターバックスカード」「iTunesギフトコード」にも交換することが出来たりもします。

これらの交換レートは、10000マイル=10000ポイントで、いわゆる等価レート交換になります。

 

ポイント交換の場合『1マイル=1円』の等価価値となります。

※こちらのポイント交換へには条件が設けられており、ポイント交換について年度内に20000マイルまでの等価交換しかできません。1万マイル貯まらないと使えません。

それ以上の交換については半減の「10000マイル=5000ポイント」になるので注意が必要です。

 

ANAマイルおすすめホテル宿泊に利用『ANAグローバルホテル』マイルに余裕が有るなら使える方法

 

「ANAグローバルホテル」利用して、マイルを使ってホテル宿泊をすることが出来ます。(公式サイトこちら

しかし、、、このグローバルホテルは使えることは使えるのですが、それなりにマイルを持っている状態で使うことをおすすめします。

その理由ですが、私も大好きリッツカールトンホテル大阪ですが、某日で予約をとると、97300マイルとなります。

素晴らしいホテルなので、当然な金額でもあります。

 

続いて、ホテル予約サイトで金額をみると、

同じ月日でもちろん検索をしました。

これをみると、『1マイルの価値が大体0.6円~0.7円』ぐらいになります。

他のホテルで検索しても、1マイル=1円とはならなかったです。

これであれば、楽天ポイントに交換して楽天トラベルから予約をした方が、等価交換となるのではるかにお得な方法となります。

この方法は便利ではありますが、ANAマイルが有り余っている方以外はお得とは言えない使い方かもしれません。

 

 

ANAマイルおすすめ『ANA SKYコイン』への交換

 

 

 

ANA SKYコインとはANAのサイト内でのみ使える電子マネーのようなものです。※公式サイトはこちら

 

ANAマイルはANA SKYコインに交換することが出来、基本的に1マイルが1円以上の価値として交換できます。

これは、ANAの航空券以外の使い方ができないという制限があるからだと思います。

 

またANAマイルからANA SKYコインへの交換は、『1マイル=1円以上の価値』になりますが、交換レートが異なりANAでのステータスや、所有しているANAカード、交換するマイル数により交換レートが変わるので、交換前に最大限のレートで交換できる方法を模索してください。

 

私が使った方法でいうと、SKYコインの場合、航空券を購入する際に現金※クレジットと併用して利用することができ、お得にチケットを取ることが出来ます。

またANAマイルを利用する場合には、2等親までの利用となり、「自分の親※配偶者もしくは子供」までしか利用することが出来ませんが、SKYコインであれば、親族問わず、友人などでも利用することが出来ます。

ANAマイルからANA SKYコインの利用する際には下記の表を参考にして、自分のステータス、カードを確認してから交換をするようにしてください。

ちなみに交換は、交換ボタンを押してすぐに反映されます。

 

ANAマイルからANA SKYコインは、交換するマイル数が多いほど、レートが高くなり価値が上がっていきます。
またステータスを見ても、ANAブロンズメンバー以上なら5万マイル以上の交換で『1マイル=1.7円』の価値まで上昇します。
ステータスの獲得の方は限られるので、一般的な交換を考えて見ると、クレジットカードの種類が重要になります。
ANAゴールドカードクラスのクレジットカードを持っていれば、『1マイル=1.6円』の価値で交換することが出来ます。
この方法であれば、ステータスをさほど気にしなくても高レートでのコイン交換をすることが出来ます。

 

さらに使い方のコツとしては、「10000マイル以下でも交換可能」という点と、「航空券+ホテル」のセットや「ANAツアー」で利用できるという点など使い方次第でより旅を他の楽しいものにすることが出来ます。

交換後の使用期限が1年間※交換1年後の月末となっているので、注意が必要です。

私は、期限を切らして本当にもったいないことをした経験があります・・・

 

ANAマイルの価値はANA航空券として使うのが一番お得な方法!

 

なんだかんだ言って、やはりマイルの価値を最大限に利用するためには、『ANA航空券』として使うのが、一番お得な方法です。

ただマイルの使い方によっては、損をしてしまうこともあるので仕組みについて解説していきます。

またANAの航空券には『国内線』『国際線』の2種類があります。

国内線は片道からの利用が可能ですが、国際線は往復の利用となっています。

 

ANAマイルの価値はいくら?『ANA国内線特典航空券』の利用時だと何円?

 

ANAマイルを航空券に交換して価値を知るには、まずANA国内線特典航空券のルール・仕組みを知る必要があります。

さくっと説明をすると、国内線の航空券の料金というのは、シーズンによって変わってきます。「ハイシーズン」「レギュラーシーズン」「ローシーズン」の3種類に分かれており、ハイから順番に料金が高くなっています。※ANAのシーズンチャートはこちらを参考にしてください。

 

ANAマイルも同様に、各シーズンによって利用するマイル数が変わっていきます。

下記のチャートを参考にしてもらうとわかりますが、たとえば「東京から大阪」の片道を見ると

「L(ローシーズン)5000マイル」「R(レギュラーシーズン)6000マイル」「H(ハイシーズン)7500マイル」

となり利用するシーズンで大きくマイル数が異なります。

 

 

 

東京を出発と考えて、レギュラーシーズンにマイルを使った場合と、現金で航空券を予約した場合の差について例として説明をしていきます。

 

東京-大阪 片道6000マイル

フレックス 26430円

スーパーバリュー28 10830円

スーパーバリュー45 10230円

 

マイルに対して航空券購入金額を比べると

「1マイル=1.7円~4.4円」

の価値になります。

 

続いて、国内でも特に人気の高い沖縄をレギュラーシーズンで調べてみると

 

東京-沖縄 片道9000マイル
フレックス 46610円
スーパーバリュー21 23310円
スーパーバリュー28 18610円
スーパーバリュー45 17810円マイルに対して航空券購入金額を比べると

「1マイル=1.97円~5.17円」

の価値になります。

 

ざっと簡単に比較をしてみましたが、マイルの価値が等価から跳ね上がり、1マイルの価値が5円以上に高まりました。

 

ANA国内線特典航空券での価値は、「最大で1.7円~5円」になると言うことがわかりました。

もっと細かく調べると、より価値の高い場合もあると思いますが、普段の何気ない日を無作為に選んでこれだけの価値が有ると言うことがわかりました。

また逆に価値が「1.1円~1.4円」程度になる場合もありました。

距離が近いほど、価値が下がる傾向がありますので、うまく利用してみてください。

 

ANAマイルの価値はいくら?『ANA国際線特典航空券』の利用時だと何円?

ANAマイルの国内での利用の価値がわかったところで、今度はANA国際線特典航空券の利用時だと価値は何円になるのか調べていきたいと思います。

ANA国際線特典航空券も、国内線同様に距離とシーズンによって使用するマイル数が変わっていきます。

遠くに行くほど、使用マイル数が増えていきます。

さてそこまでは同じなのですが、国際線利用ではさらに、「エコノミー」「ビジネス」「ファーストクラス」とシートの区分がありシートクラスを上げるごとに、使用マイルが増えていきます。

 

 

国際線エコノミークラスのANAマイルの価値

※レギュラーシーズン無作為検索

東京-ソウル往復:44420円
15000マイル 「1マイル価値2.9円」

東京-上海往復:97720円
20000マイル 「1マイル価値4.8円」

東京〜ハワイ往復:148000円
40000マイル 「1マイル価値3.7円」

東京〜ニューヨーク往復:217340円
50000マイル 「1マイル価値4.3円」

東京〜フランス往復:297490円
55000マイル 「1マイル価値5.4円」

 

マイルに対して航空券購入金額を比べると

「1マイル=2.9円~5.4円」

の価値になります。

 

国際線ビジネスクラスのANAマイルの価値

※レギュラーシーズン無作為検索

 

東京-ソウル往復:122920円
30000マイル 「1マイル価値4.0円」

東京〜上海往復:202220円
40000マイル 「1マイル価値5.0円」

東京〜ハワイ往復:265500円
65000マイル 「1マイル価値4.0円」

東京〜ニューヨーク往復:944840円
85000マイル 「1マイル価値11.1円」

東京〜フランス往復:824200円
90000マイル 「1マイル価値9.15円」

 

「1マイル=4.0円〜11.1円」

 

国際線ファーストクラスのANAマイルの価値

※レギュラーシーズン無作為検索

 

東京-ソウル往復:ファーストクラス無し

東京〜上海往復:ファーストクラス無し

東京〜ハワイ往復:560500円
120000マイル 「1マイル価値4.67円」

東京〜ニューヨーク往復:2322840円
150000マイル 「1マイル価値15.4円」

東京〜フランス往復:3048720円
165000マイル 「1マイル価値18.4円」

 

「1マイル=4.67円〜18.4円」

 

上記を見るとANA国際線特典航空券を利用した場合「1マイル=2.9円〜18.4円の価値」の価値になります。

クラスが高い方が価値が高くなる傾向で、「エコノミー・ビジネス・ファーストクラス」の順番になります。

 

現金やクレジットカードでファーストクラスのチケットを購入するとなると、200万円を超える金額となり購入出来る人というのは限られてしまいます。

しかし、マイルであれば私のような一般人でもファーストクラスを利用することが出来ます。

マイルの価値を最大限に利用するのであれば、航空券として利用するのが、もっともお得な利用方法になります。

 

ANAマイルの価値はいくらだった?マイルの有効的な使い方と交換方法とは?

 

ANAマイルの価値をまとめると、「1マイル=0.6円」の使い方になるグローバルホテルが一番価値が低い使い方となりました。

またそれを除くとほとんどのANAマイルは「1マイル=1円」となり、他の「ポイント交換」など日常生活でも利用出来る幅広い使い方となります。

やはり一番の価値の高い使い方は「航空券」として使う方法となります。

国内線の場合、航空券の予約時期によってはマイルでの予約よりも「ANA SKYコイン」を利用、もしくは現金との併用でのチケット予約のほうが得をする場合があるので、事前に確かめて利用してみると良いかと思います。

自分なりのANAマイルの使い方で、旅行や生活を楽しんでみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

マイルの匠の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルの匠の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ANA VISAワイドゴールドカードはポイントサイト?お得な新規入会キャンペーンを比較

  • 楽天プレミアムカード新規入会キャンペーン!2019年最新のお得な紹介はポイントサイトはある?

  • ANA VISA Suicaカード新規入会キャンペーン特典はポイントサイトよりお得?

  • ANA VISA nimocaカード新規入会キャンペーン特典はポイントサイトでさらにお得?最新

  • ソラチカカード新規入会キャンペーンはポイントサイト経由で公式特典19700マイル+6700円獲得でお得

  • ANA JCB ワイドカードは新規入会キャンペーンでポイントサイトよりお得な2万マイル獲得